【アメリカ:サンフランシスコ】恵まれない子供たちの受動喫煙曝露が高いことを示唆


【アメリカ:サンフランシスコ】恵まれない子供たちの間接喫煙曝露が高いことを示唆

 

(ロイターヘルス) - サンフランシスコの経済的に恵まれておらず、たばこ煙の副産物の検査を受けた少数の人々が、定期的な曝露の証拠を示したという小さな研究がある。

 

研究者らは、466人の青年について他の理由で行われた試験から残された尿サンプル中のコチニンおよびNNALの両方のレベルを測定した。

90%以上が公的医療保険を受けており、8%が健康保険を持っていませんでした。

ほとんどがラテン系、22%がアフリカ系アメリカ人、11%がアジア系、3%が白人だった。

「NNALを使用して、サンフランシスコ郡公立病院の小児科診療所に出席している青年の94%が受動喫煙曝露の兆候を見出しました。

 

これは、全体的に、サンフランシスコの人々の10%未満がタバコを吸うという事実にもかかわらず、彼は言いました。

 

https://www.reuters.com/article/us-health-teens-smoke-exposure/marker-suggests-high-second-hand-smoke-exposure-in-disadvantaged-kids-idUSKCN1GO2MW

 

記事は、

2018年3月13日reut.rs記事より引用させていただいております。