【アルゼンチン(南米)】 飲食店を全面禁煙にすると 人々の健康や店の売上はどうなるのか


アルゼンチン(南米)】 飲食店を全面禁煙にすると 人々の健康や店の売上はどうなるのか

 

WHOのたばこ規制枠組条約を批准して以降、アルゼンチンでは急速にたばこ規制が強化された。

 

 

◆ 厳しい規制を導入したサンタフェ州(介入群)では心筋梗塞による入院患者がブエノスアイレス市よりも13%も低くなった図表1)。つまり、たばこを吸っていた当人ではなく、受動喫煙を強いられていた人々の健康状態が改善した。

 

◆ 実はアルゼンチンの研究では、健康面だけでなく、「喫煙」と「地域の経済」のあいだの関係も明らかにしている。規制の厳しいサンタフェ州(介入群)と緩いブエノスアイレス市(対照群)のレストランやバーの売上を比較したその後の研究では、2つの地域の売上に統計的に有意な差がなかったことが示された。

 

http://diamond.jp/articles/-/118726

 

記事は

2017年2月21日ダイヤモンド社書籍オンラインの記事より引用させていただいております。