【WHO】世界の喫煙関連死亡者、2030年には800万人に増加


【WHO】世界の喫煙関連死亡者、2030年には800万人に増加

 

世界的に喫煙人口は最近再び増えて、2025年には11億4700万人に達すると予測された。また、喫煙関連死亡者は2030年には800万人になるだろうと推計された。

 

 

世界保健機構は、喫煙はたばこ購入費と医療費を発生させ、働く時間を奪い所得を減少させるという点で、貧困退治にも大きな障害物になると指摘した。韓国健康増進開発院は「喫煙は疾病と貧困を誘発する」として「持続可能な発展のためには包括的で多角的なたばこ規制が必要だ」と指摘した。

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/27567.html

 

2017年6月7日thehankyorehの記事より引用させていただいております。