【アメリカ】喫煙で肺細胞が変化、がん化への「下地」形成か 米研究


【アメリカ】喫煙で肺細胞が変化、がん化への「下地」形成か 米研究

 

【9月12日 AFP】たばこの煙に長期間さらされることで肺細胞に経時変化が生じ、細胞がより病気にかかりやすくなるとともに、がん化する下地がもたらされる恐れがあるとの研究論文を、米国の研究チームが11日に発表した。

 

 米医学誌「キャンサー・セル(Cancer Cell)」に掲載の論文は、肺細胞をたばこの煙に長時間さらす室内実験に基づくもので、暴露時間は20~30年来の喫煙者に相当する。

 

 実験開始から約10日後、肺細胞の遺伝子発現に変化が生じ始めた。このプロセスは「後成的変化」として知られている。この変化が、がんの発生率を高めるほど蓄積されるまでには10か月を要した。

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3142546

 

2017年9月12日 afpbbcomの記事より引用させていただいております。