【アメリカ】呼吸する自由の法律が可決して10年が経ちました


【アメリカ】呼吸する自由の法律が可決して10年が経ちました

 

アメリカミネソタ州マンケートで、呼吸する自由の法律が可決されて10年がたちました。バーやレストランの労働者や客を受動喫煙から守る事ができる法律です。

 

アメリカン・ロング・アソシエーションのシニアマネージャーのエリン・シモンズは、「ミネソタの人を受動喫煙の被害から保護することは本当に必要なことだったので、10周年を迎えるお祝いをしました。」

 

この州法は、2007年10月に施工されましたが、マンケートは、2006年にミネソタ州で初めての室内完全禁煙を行った都市の一つでした。

 

 

http://www.keyc.com/story/36495567/freedom-to-breathe-act-took-effect-ten-years-ago

 

記事は、

2017年10月22日 WorldNow and KEYCの記事より引用させていただいております。