【インド】公共の場所の喫煙で、9年間で16クローク(およそ1億6000万円)以上の罰金を集める。


【インド】公共の場所の喫煙で、9年間で16クローク(およそ1億6000万円)以上の罰金を集める。

 

保険福祉省は、2008年に施行された喫煙規則の施行後9年が経ち、政府は規則違反罰金として16クローク以上を集めたと発表した。

 

タバコ製品法(COTPA)は、公共の場所では、「喫煙禁止ーここでの喫煙は犯罪です」という警告表示を目立つように出さなければなりません。

 

また、違法な広告表示、教育地区周辺でのたばこ販売など様々なセクションで罰金が徴収された。

 

「2003年に制定されたCOTPAは、全国に適用され、漸進的な規制を課すことによって、また喫煙者から非喫煙者を守ることによって、たばこやその他のたばこ製品の消費を阻止することを目的としています。

COTPAの実施は、制度/仕組みが制度化されたときに最も効果が発揮されます。」と、抗タバコ団体の高官は発言をしました。

 

http://www.thehindu.com/news/cities/Delhi/in-9-years-over-16-crore-collected-in-fine-for-public-smoking/article19787634.ece

 

記事は、

2017年10月3日 THEHINDUの記事より引用させていただいております。