【インド】受動喫煙が大きな問題となっている


【インド】受動喫煙が大きな問題となっている

 

南東アジア地域担当副局長であるラナ・J・シン博士を中心とする、

結核と肺疾患の根絶を目指す国際連合は、インドのたばこ規制法や政策に多大な影響を与える重要な役割を果たしてきました。

 

肺気腫学者であるラナ博士は、国際連合と州政府をこの10年、技術支援、能力育成、研究助成金などの支援をし、タバコ規制課題に取り組んできました。

 

インドのタバコ規制努力は、タバコ業界の政治的影響により、妨害を受けてきていますが、喫煙者減少を示す最新の調査では、強い反対はより少なくなってきている模様です。

ラナ博士は、インタビューで、この重要な公衆衛生問題に関する懸念について語った。

 

抜粋:

 

国は、タバコ規制において望ましい結果を示していますか?

インドは、2004年にWHOのたばこ規制枠組み条約(FCTC)に署名し、批准した後に始まった、たばこおよびその他のたばこ製品法(2003年)の制定と国家たばこ規制プログラムを、31州で400以上の地区に拡大しました。

今年初めに連邦保健省が発表した世界の成人タバコ調査-2(2016-17)によると、タバコ使用率は34.6%から28.6%に低下しています。

 

公共の場での喫煙を禁止することです。受動喫煙の発生率はどうですか?

受動喫煙はインドでも大きな問題として捉えています。

会社での受動喫煙率は低下しませんでしたが、家庭での受動喫煙は52%から39%まで下がっています。

 

次の課題はなんですか?

課題はたくさんあります。

WHO推進に従い、税金を上げる必要があります。また、COTPA(2003年)の実施と施行を強化をしなければなりません。特に、政府はたばこ産業の干渉から離れなければなりません。

 

http://www.thestatesman.com/opinion/second-hand-smoke-major-problem-1502502375.html

 

記事は、

2017年09月30日 thestatesmanの記事より引用させていただいております。