【イギリス】喫煙者や肥満患者は手術せず、英自治体の方針に物議


【イギリス】喫煙者や肥満患者は手術せず、英自治体の方針に物議

 

(CNN) たばこを吸う患者や極端な肥満の患者は、自ら健康状態を改善するまで手術を受けられません――。英国の自治体がそんな方針を打ち出して物議をかもしている。

 

この方針は、ハートフォードシャー州で国民健康保健サービスの運営を担う臨床委託グループ(CCG)が発表。緊急性の低い手術について、患者が自分の健康状態を改善させるまで、無期限で国の保険制度の対象となる手術は受けさせないと規定した。ただし、例外とする臨床状態についてはケースバイケースで判断するとしている。

 

健康状態改善の目標として、BMIが40を超す患者は9カ月以内に15%の減量を、30を超す患者は同10%の減量を義務付ける。喫煙者には8週間以上の禁煙を義務付け、呼気検査でチェックする。

 

https://www.cnn.co.jp/fringe/35109708.html

 

記事は、

2017年11月01日 cnn_co_jpの記事より引用させていただいております。