【中国】北京ではWeChatを使用して禁煙違反者を通報している


【中国】北京ではWeChatを使用して禁煙違反者をWeChatで通報している

 

毎月約1,000人の北京の人々がWeChatを使って、都市の喫煙禁止を侵害している人々を報告しています。

WeChatユーザーは、北京たばこ規制協会の公式アカウント「Smoke-Free Beijing」を通じて違法行為者を報告することができます。

 

「Smoke-Free Beijing」アカウント利用者は誰でも、法律に違反している施設や利用者を簡単かつ即座に報告することができます。

ユーザーは違反を証明する写真をアップロードすることもできます。

ボランティアは、報告書を調査する場所に向かいます。

5回以上怒られた人は誰でも処罰されます。 

 

規則を破ったと判明した企業やレストランの名前は、北京市政府が承認したサイトであるeBeijingと、北京市保健・家族計画委員会のウェブサイトに掲載されます。 

 

この法律が施行されて以来、禁止令を違反して1,245の職場と5,243人が処罰されています。

 

http://www.thatsmags.com/beijing/post/21402/more-beijingers-are-reporting-violators-of-smoking-ban-using-wechat

 

記事は、

2017年11月16日thatsmagsの記事より引用させていただいております。

記事を読む