【アメリカ】E-タバコ:危険性と健康上のリスク


【アメリカ】E-タバコ:危険性と健康上のリスク

 

電子タバコに含まれる化学物質も安全であると保証することは不可能です。

 

「液体には多くの有害な化学物質があります」と研究者は言いました。

「最初に、e-cigsは溶媒を含む液体を加熱することによってエーロゾルを生成することを理解しなければならない。液体と溶媒の両方が有害である可能性があります。また加熱されるので、金属も同様に関与する。

液体の1つはプロピレングリコールであり、それは加熱されると(それがecigsのように)プロピレンオキシド、2B発癌物質(癌を引き起こす)になる。

別の液体はアクロレインであり、これは上気道を刺激し、喘息の原因となる気道抵抗を増加させる。液体を加熱するために使用される金属の1つは、肺細胞に対して細胞傷害性である(それを殺す)スズである。これらの金属ナノ粒子は肺に沈着し(肺胞嚢)、毒性をもたらし、血流にも入り込むことができます」

 

http://www.wrcbtv.com/story/36828458/e-cigarettes-the-dangers-and-health-risks-of-vaping

 

記事は、

2017年11月13日WRCBtvの記事より引用させていただいております。

記事を読む