【アメリカ】20年の法的争い後、タバコ会社がついてきた致命的な嘘を正す時に直面しています


【アメリカ】20年の法的争い後、タバコ会社がついてきた致命的な嘘を正す時に直面しています

 

ミネソタ州、セントポール:たばこ会社は、将来の害を防ぐために裁判所から是正措置声明を出すよう命令された。

それに伴い、2017年11月26日にこれらの修正声明を含む有料広告の掲載を開始します。

広告はテレビで1年、新聞では2018年3月まで掲載されます。

たばこ会社はまた、ウェブサイトに陳述書を掲載し、訂正陳述書をタバコの箱に2年間にわたり、複数回貼付する必要があります。

 

タバコ会社が公表しなければならない是正措置には、以下のような事実が含まれます:

*喫煙は、毎日平均して1,200人のアメリカ人を殺します

*殺人、エイズ、自殺、薬物、自動車事故、アルコールを組み合わせたものより毎年多くの人々が喫煙が原因で死亡しています。

*喫煙は非常に習慣性です。ニコチンはたばこの中毒性薬物です。

*たばこ会社は、意図的に、中毒症状を維持するのに十分な量のニコチンを入れタバコを作り出しました。

*すべてのたばこは、がん、肺疾患、心臓発作および早すぎる死を引き起こします。「ライト」、「低タール」、「ウルトラライト」、「ナチュラル」。安全なたばこはありません。

*受動喫煙は毎年38,000人以上のアメリカ人を殺します。

*受動喫煙に安全なレベルはありません。

 

https://www.prnewswire.com/news-releases/tobacco-companies-forced-to-correct-lies-about-deadly-products-after-two-decade-legal-battle-300559652.html

 

記事は、

2017年11月20日NISION PR Newswire の記事より引用させていただいております。