【イスラエル】両親が思っているよりはるかに子供が受動喫煙しているという研究結果が出ました。


【イスラエル】両親が思っているよりはるかに子供が受動喫煙しているという研究結果が出ました。

 

タバコの煙の約85%は目に見えないものであり、そのほとんど匂いはない為、親は主に彼らの感覚に頼って環境が子供にとって安全かどうかを判断します。

 

ほとんどの両親は、子供の健康に悪影響を及ぼすことなく窓が開いた状態で車内や車内で窓から煙が出ると信じていました 。

 

彼らが安全な方法で喫煙していると思った両親の子供達は、両親の想像の役2倍のニコチンを受けていました。

 

子供達を受動喫煙から守る為には、喫煙者が煙を見たり嗅ぐことがないときでも、発生すると親は認識していなければならない。子供たちを受動喫煙から守るためには、タバコの煙に対する親の意識が不可欠です。

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-5086831/Smokers-underestimate-expose-children.html

 

記事は、

2017年11月15日MailOnlineの記事より引用させていただいております。