【アメリカ:CDC】世界最大級の空港では喫煙可能になっています。


【アメリカ:CDC】世界最大級の空港では喫煙可能になっています。

 

全世界で最も忙しい空港の54%の飛行機や労働者は間接喫煙に曝される危険性があり、毎年推定41,300人のアメリカ人を殺しています。

 

世界で最も大きな10の空港のうち、

北京首都、シカゴのオヘア国際空港、ロンドンのヒースロー空港、ロサンゼルス国際空港、上海浦東国際空港の5つの空港は禁煙です。

残りは指定された屋内での喫煙が可能です。

アトランタ・ハーツフィールド・ジャクソン・インターナショナル、ドバイ・インターナショナル、香港インターナショナル、パリのシャルル・ド・ゴール、東京インターナショナルなどです。

 

http://www.thedrive.com/sheetmetal/16524/smoking-still-allowed-at-majority-of-worlds-biggest-airports

 

記事は

2017年11月29日thedriveの記事より引用させていただいております。