【アメリカ:ケンタッキー】ケンタッキー州立大学の研究では、研究は、厳しい禁煙法を用いている地域社会の肺癌率が低下している事がわかった


【アメリカ:ケンタッキー】ケンタッキー州立大学の研究では、研究は、厳しい禁煙法を用いている地域社会の肺癌率が低下している事がわかった

 

ケンタッキー大学の研究者らの最近の研究によれば、職場での禁煙法が強い地域社会では、新たな肺がん症例が発見されていないことが示されています

 

強力な禁煙法は、心臓発作、脳卒中、喘息および肺気腫を低下させることによって公衆衛生を改善することが知られている。この研究は、コミュニティがすべての労働者と一般市民を対象とした強力な禁煙法を制定したとき、肺がんの新たな症例が低いことを初めて示したものです。

 

https://uknow.uky.edu/research/uk-study-shows-lower-lung-cancer-rates-communities-strong-smoke-free-laws

 

記事は

2017年11月28日uknow.uky.eduの記事より引用させていただいております。