【アメリカ】タバコ会社にタバコ反対の広告を掲載させたのは誰でしょうか?


 

【アメリカ】タバコ会社にタバコ反対の広告を掲載させたのは誰でしょうか?

 

大手タバコ企業の新聞、ラジオ、テレビ広告の始まりは、

1953年 12月、ニューヨークのプラザホテルから始まりました。

 

喫煙が癌を引き起こすという新たな証拠についての一般市民の関心が高まっていることに対し、タバコ業界は、喫煙が病気を引き起こしたという事実を受け入れるのではなく、独立し研究組織、タバコ産業研究委員会(TIRC)を創設すると決めた。

そして、全国の新聞や雑誌に「人々の健康への関心を基本的責任として受け止め、ビジネス上のあらゆる考慮事項に最優先する」

と広告を打ち出した。

しかしタバコ会社は、それをしなかった。

 

1999年9月、米国司法省は大衆のたばこ会社とその科学貿易機関に対して、喫煙者を守るための民事訴訟を提起した。

2006年8月、連邦裁判官、タバコ会社は陰謀を終わらせ、2度と再現しないように命じた。

そして、ニコチンに中毒性がないと言う事禁じました。

タバコ会社が過去数百万ページもの秘密の社内文書を公開し続けるように指示しました。
連邦裁判所はAltria、RJ Reynolds Tobacco、Lorillard、Philip Morris USAが意図的に米国の人々に喫煙の健康影響について説明し、これらの企業に下記の声明を出すよう命じました。真実はここにあります。https://www.tobaccofreekids.org/assets/content/what_we_do/industry_watch/doj/corrective_statements/2017_10_corrective_statements.pdf


掲載記事
https://theconversation.com/who-forced-the-cigarette-companies-to-run-those-anti-smoking-ads-89347

記事は、

2017年12月21日ConversationUSの記事より引用させていただいております。