【南アフリカ】喫煙者が注視している:禁煙の法律が出来てきています


【南アフリカ】喫煙者が注視している:禁煙の法律が出来てきています

 

喫煙者の場合は、レストラン内の喫煙セクション、職場での喫煙セクション、子供がいる場合は車、中には複数の人がいる屋外の公共空間で喫煙することはできません。

共通のエリア、または子供の教育場所、生活場所は禁煙です。

 

この法案は、屋外公共エリアでの喫煙の全面禁止、

タバコ製品および電子デバイス(電子タバコ)の販売および宣伝の規制、

たばこ製品および電子配信システムの包装および外観の規制を目的として喫煙を規制することを提案しています。

 

世界保健機関(WHO)は、成人のたばこ喫煙が心臓病や脳卒中を引き起こし、世界のたばこ流行が毎年700万人以上を殺し、

そのうち約900,000人が、受動喫煙で死んでいる非喫煙者であると述べています。

 

法案がどのように施行されるかについて、保健省のスポークスマン、フォスター・モハーレは、法案が法律に可決されると、特定の法的処方が策定されると述べました。

 

"この法案の目的は、屋内の公共の場での喫煙の全面的禁止を可能にし、スタジアムやビーチフロントなどの屋外の公共の場所にそれを適用できるようにすることです。

 

「ホスピタリティーエリアとレストランでは現在、屋内で25%の喫煙ゾーンが割り当てられています。つまり、喫煙スペースを100%禁煙することです。規制が策定され公表されると、特定の屋外地域が審議されます。」

 

 

https://www.news24.com/SouthAfrica/News/smokers-beware-the-law-is-coming-20180506-4

 

記事は

2018年5月6日news24.comの記事より引用させていただいております。