【中国】マカオ、バス停周辺の禁煙ゾーン示す路上サインの色を目立つ色に変更へ


【中国】マカオ、バス停周辺の禁煙ゾーン示す路上サインの色を目立つ色に変更へ

 

マカオの政府系放送局TDMは1月14日、改正新禁煙法をテーマにした公開生討論番組を放送。パネリストの1人として出演したマカオ政府衛生局喫煙コントロールオフィスの鄧志豪主任によれば、1月1日から12日午後までの禁煙ゾーンにおける違法喫煙検挙者数は前年の同じ時期から21%減となる延べ(以下同)108人で、このうち新たに禁煙ゾーンに設定されたバス停・タクシー乗り場周囲における検挙者は25人だったとのこと。

 

また、同氏はバス停・タクシー乗り場周辺の路上に表示する禁煙ゾーンラインの色について、多くの意見が寄せられているとした上、現状の濃いグレーでは目立ちにくく、より容易に認識できるよう白色に変更する考えを明らかにした。

 

https://www.macaushimbun.com/news?id=23333

 

記事は、

2018年1月15日macaushimbun.comの記事より引用させていただいております。