【イギリス】1日1本のたばこでも心臓発作のリスク大、英大学の研究


【イギリス】1日1本のたばこでも心臓発作のリスク大、英大学の研究

 

【AFP=時事】喫煙本数を1日20本から1本に減らしても心臓発作や脳卒中が起こる確率が大幅に低下することはなく、20本の場合と比べて約50%のリスクが残るという研究結果が24日、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)で発表された。

 

ハックショウ教授は、喫煙本数を1日数本に減らせば長期的な健康被害のリスクがほとんどなくなる、または完全になくなると勘違いすべきではないと強調している。

 

世界保健機関(WHO)の統計によると、喫煙が原因で毎年約700万人が死亡しており、うち約200万人は心臓発作や脳卒中など循環器系の疾患によるケースだという。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000043-jij_afp-int

 

記事は、

2018年1月25日YahooNewsTopicsの記事より引用させていただいております。