【カナダ:アルバータ】連合は、職場の受動喫煙の差を埋めるために州を呼び掛ける


 

【カナダ:アルバータ】連合は、職場の受動喫煙の差を埋めるために州を呼び掛ける

 

アルバータの職場は10年前に禁煙となりましたが、禁煙のアルバータキャンペーンは、従業員を受動喫煙から守るためにより多くのことができると言います。

 

無煙擁護派は、過去10年間に数百万人の労働者が受動喫煙から保護されているが、州政府はより包括的な禁止を実施する必要があると述べているます。

 

多くの人が最低賃金を稼ぎ、限られた利益でアルバイトをしています。

これらの脆弱なアルベール人は、受動喫煙の深刻な健康被害に対して一等クラスの保護を受けなければなりません。“誰も残してはならない"と彼は言っています。

「職場や賃金の水準にかかわらず、すべての人が安全で健康的な職場に就いていなければなりません」とアルバータ州政府に働きかけています。

 

https://calgary.ctvnews.ca/coalition-calls-on-province-to-close-gaps-in-workplace-second-hand-smoke-legislation-1.3743014

 

記事は、

2018年1月2日ctv.newsの記事より引用させていただいております。