【サモア】WHOは、サモア児童を対象に禁煙運動をしている


【サモア】WHOは、サモア児童を対象に禁煙運動をしている

 

世界保健機関(WHO)は、サモアのタバコ管理チームが今後5年間で子どもの保護を最優先にしていると述べている。

 

WHOの非伝染病チームコーディネーターは、サモアがタバコ規制枠組み条約の下での深いニーズ評価のためのいくつかの国の一つとして選ばれていると述べている。

 

Wendy SnowdonはJenny Meyerに対し、太平洋諸国は数年前に2025年までにタバコフリーの太平洋への目標に署名し、この動きも2030年の持続可能な発展の目標を反映していると語った。

 

http://www.radionz.co.nz/international/programmes/datelinepacific/audio/2018630512/who-targets-samoan-children-with-anti-smoking-move

 

記事は、

2018年2月5日radionz.co.nzの記事より引用させていただいております