【中国】マカオ、たばこ増税で喫煙人口減少


【中国】マカオ、たばこ増税で喫煙人口減少

 

マカオ政府衛生局(SSM)は2月7日、2015〜2017年の喫煙予防・コントロール制度に関するフォローアップ及び評価報告書を公表した。

 

昨年(2017年)のマカオにおける15歳以上の喫煙人口は3年前の2015年から19.9%減の6万7300人となり、青少年の喫煙人口も減少傾向が続いているという。

 

SSMでは、たばこ税の引き上げが市民が禁煙に取り組むきっかけになったとし、当局として今後も禁煙プロモーション活動を継続する姿勢を示した。

 

https://www.macaushimbun.com/news?id=23588

 

記事は、

2018年2月8日マカオ新聞 の記事より引用させていただいております。