【インド】受動喫煙は、この女性が彼女の声を失い、彼女の喉の穴を通って話す原因を作った


【インド】受動喫煙は、この女性が彼女の声を失い、彼女の喉の穴を通って話す原因を作った

 

彼女は人生でタバコを喫煙していませんが、今日はボイスボックスを持っていません。

 

ナリニは1971年に喫煙をした男性と結婚しました。2005年、彼は眠りについた。2009年、彼女の声は弱くなり始め、医師は店頭薬を処方しました。しかし、それは役に立たないでしょう。最終的に、彼女は医者が恐ろしい予後を明らかにした病院に彼女を急がなければなりませんでした - 彼女は喉がんを持っていました。

「私は壊れました。私は魂を傷つけることなく、私の人生でタバコを吸ったことはありませんでしたが、これは起こったことです。彼らは私が受動喫煙の被害者であると言いました。なぜなら、私は夫が喫煙中に座っていたからです。以前はその言葉を聞いたことがなかった。"

 

2010年4月19日、医師は声帯と甲状腺を除去した。彼女の首には穴があり(ストーマと呼ばれた)、彼女は胃に付いたPEGチューブを通さなければなりませんでした。

ナリニは1971年に喫煙をした男性と結婚しました。2005年、彼は眠りについた。2009年、彼女の声は弱くなり始め、医師は店頭薬を処方しました。しかし、それは役に立たないでしょう。最終的に、彼女は医者が恐ろしい予後を明らかにした病院に彼女を急がなければなりませんでした - 彼女は喉がんを持っていました。

 

これが彼女の言うことです。「私は壊れました。私は魂を傷つけることなく、私の人生でタバコを吸ったことはありませんでしたが、これは起こったことです。彼らは私が受動喫煙の被害者であると言いました。なぜなら、私は夫が喫煙中に座っていたからです。以前はその言葉を聞いたことがなかった。"

 

2010年4月19日、医師は声帯と甲状腺を除去した。彼女の首には穴があり(ストーマと呼ばれた)、彼女は胃に付いたPEGチューブを通さなければなりませんでした。

 

あなたは真剣に警告を受け取りますか?

 

https://www.oddnaari.in/health/story/this-woman-lost-her-voice-because-of-passive-smoking-and-talks-through-a-hole-in-the-throat-127111-2018-01-27

 

記事は、

2018年1月27日oddnaari.inの記事より引用させていただいております。