【オーストラリア】マンションの住民は受動喫煙から守られる必要がある


【オーストラリア】マンションの住民は受動喫煙から守られる必要がある

 

マンションに住む人々は、間接喫煙を自宅や共用エリアを横切って経験

する可能性が非常に高い。

 

マンションの住民は、自宅での個人的自由と公衆衛生上の利益のバランスをとる、賢明な喫煙規制が必要です。私たちが新しく発表した研究論文Sharing the Airは、法律によって失われていることを示しています。

 

マンションの受動喫煙の害の問題に、ニューサウスウェールズ州だけが地層法で喫煙の問題に取り組んでいます。他のすべてのオーストラリアの管轄区域では、住民と所有者は自分の権利と責任について混乱しています。

 

煙が他の部屋に浸透し、近隣に影響を及ぼす場合に限り、プライベートロットでの喫煙を禁止しています。このようにして、私的財産の個人的自由を尊重しながら、間接喫煙へのアパート居住者の曝露を最小限に抑える必要性と、許容できるバランスを取るように見えるます。

 

現在、オーストラリア全土で地層法改革が進められている。すべてのマンションの住民の利益のために、喫煙はもはや無視することができません。

 

https://theconversation.com/apartment-residents-need-better-protection-from-secondhand-smoke-84261

 

記事は、

2018年2月26日theconversation.comの記事より引用させていただいております。