【イギリス】受動喫煙の毒素は、がんやペットの呼吸障害のリスクを高める


【イギリス】受動喫煙の毒素は、がんやペットの呼吸障害のリスクを高める

 

グラスゴー大学とペット慈善団体PDSAの専門家は、受動喫煙は動物にとってさらに有害であると言います。

 

彼らは今、彼らの喫煙習慣をやめさせるためにオーナーに呼びかけています。

研究は、タバコに含まれるがんを引き起こす化学物質が、異なる方法で異なる動物に影響を及ぼすことを示唆しています。

 

猫のグルーミングの習慣は、彼らが毛皮にくっつく煙を舐めて、口がんのリスクを高めるということです。

 

犬は呼吸困難や鼻や鼻腔がんの治療が困難です。

問題は、喘息や慢性的な咳などの問題から致命的な状態にまで及びます。リンパ腫などの癌は、タバコの煙に曝された猫はおよそ2倍に増加します。

 

https://www.thesun.co.uk/news/5802611/smoking-smokers-second-hand-pets-dogs-cats-cancer/

 

記事は、

2018年3月14日thesun.co.uk記事より引用させていただいております。