【南アフリカ】受動喫煙は男性の2倍の女性を殺しています


【南アフリカ】受動喫煙は男性の2倍の女性を殺しています

 

金曜日に開催された第17回世界タバコ・世界会議で発表されたグローバルタバコアトラスによれば、

男性の2倍の喫煙の煙が原因で女性が死亡しています。

 

世界的および国別のタバコ統計を照合し、3年ごとに発行されるアトラスによると、ほぼ600,000人の女性が2016年に受動喫煙に関連して死亡し、同期間の男性の数の2倍以上になりました。

 

女性より男性が世界中で喫煙していますが、

多くの女性はパートナーからの煙にさらされています。

 

西ケープの2つのコミュニティに関する最近の南アフリカの調査によると、Mbekweni郡の妊婦(584人のうち200人)が受動喫煙に曝されてると出ました。

 

Drakenstein Child Health Study(DCHS)の研究者は、受動喫煙者の割合が高いのは、非公式の集落で過密であり、より多くの人々が単一の家庭で寝室を共有するためであることを発見しました。

 

「高齢者のたばこ喫煙曝露によって、また乳児の18%が能動喫煙を示唆する尿中ニコチンレベルで生まれたことにより、我々は驚いた」と研究者Aneesa Vanker博士は述べた。

 

https://www.iol.co.za/news/politics/development/second-hand-smoke-kills-twice-as-many-women-as-men-13673368

 

記事は、

2018年3月9日@IOL記事より引用させていただいております。