【インド】保健省は、受動喫煙に対する国民運動を発表


【インド】保健省は、受動喫煙に対する国民運動を発表

 

デリー:インドの保健省は、受動喫煙に対する国民運動の開始に関する発表を行いました。

同省は、受動喫煙に曝される問題について人々に知らせるための全国キャンペーンの一環として、30秒間の公共サービス宣言(PSA)を行った。

 

30秒間のPSAである「Clinical」と名づけられているのは、受動喫煙曝露が非喫煙者の脳卒中や心臓病をどのように引き起こすかを示しています。

また、喫煙者が喫煙をやめることによって他人を守るように促す方法についても強調しています。

 

喫煙者と非喫煙者を保護するために、免除されない専用の禁煙法がより効果的であると述べました。

 

バイタル戦略のグローバル政策研究担当副社長であるNandita Murukutla博士は、「受動喫煙への安全なレベルはないが、多くの人々はこの目に見えない殺人者について知らない」と述べ、受動喫煙の健康リスクに関する知識や行動の変化は非常に効果的です」 

 

「インドの禁煙法の強力な執行、国民健康保険支店への交通量の増加、国民健康ポータルの「Cessation」ウェブサイトへの支援の強化、人々のあらゆるタイプのタバコ消費を阻止する助けとなるだろう」とMurukutla氏は述べました。

 

https://www.newsheads.in/lifestyle/news/health-ministry-announces-national-campaign-against-shs/article/13326.html

 

記事は、

2018年3月23日newsheads.in記事より引用させていただいております。