【インド】喫煙は生殖器官に悪影響を及ぼし、不妊症関連の問題を引き起こす


 

【インド】喫煙は生殖器官に悪影響を及ぼし、不妊症関連の問題を引き起こす

 

ムンバイ:男性の喫煙者に比べて女性の喫煙者の方が被害の重症度が高いにもかかわらず、喫煙は女性と男性の両方で繁殖の健康の悪化と直接関連している、と専門家は述べました。

 

「喫煙は男性の生殖器官に悪影響を与え、勃起能力を低下させます。さらに、勃起不全および早漏の原因となります。タバコで見つかったニコチンは、勃起不全の原因であり、精子の数が減少します」と専門家は語りました。

女性では、喫煙はリプロダクティブヘルスに影響を与え、不妊関連の問題を引き起こす可能性があります。「喫煙は子宮外妊娠のリスクを高める。長年にわたり実施された複数のタイプの研究は、喫煙が流産につながる可能性があることを示しています。喫煙は、胎児の肉体的および精神的変形を引き起こす可能性があるため、胎児へのリスクをもたらす」と、インドおよび海外の多くの専門家が警告しました。

 

タバコは毎年700万人以上の人々の死亡原因となっています。600万人以上の死亡者がタバコに直接曝された結果であります。

 

人々が喫煙の危険性を認識させるために、インド政府は定期的に健康に関する警告を出します。何年も前に、喫煙によって影響を受けた人々のイメージとともに健康に関する警告をすべてのタバコおよびたばこ製品パックに印刷することが決定されました。

 

先週の政府は、喫煙をやめたい人々を助け、助言するために、タバコ製品パックのイメージを以前よりも大きくする新鮮な警告を発行した。政府関係者は、「喫煙をやめるのは難しいが不可能ではない」と述べました。

 

http://www.ummid.com/news/2018/April/08.04.2018/how-smoking-affects-reproductive-organs.html

 

記事は、

2018年4月8日ummid.com記事より引用させていただいております。