【ガーナ】受動喫煙、児童衛生、ガーナのたばこ規制法


【ガーナ】受動喫煙、児童衛生、ガーナのたばこ規制法

 

2012年にガーナで公衆衛生法(Act 851)が可決されました。それは「指定喫煙エリア(DSA)」を除いて公衆喫煙を厳しく禁止しています。この法律はまた、たばこの広告やスポンサーシップ、子供がたばこ製品を販売する事を禁止しています。法律851は、学校や家庭の近く、または子供の近くでタバコに関連する事業を行うことも禁じています。

 

しかし、FDA(Food and Drugs Authority)は、法律が効果的に実施されるために必要な資源が不足していると一貫して述べています。

 

ガーナを含むアフリカの10都市におけるアフリカたばこ規制連合(ATCA)と代替開発ビジョン(VALD)による最近の研究では、規制の存在にもかかわらず、タバコはまだ単品で販売されており、容易に入手でき、消費されている事にあります。

 

ディレクターのLaram MusaガーナNCD同盟(GhNCDA)のナショナルコーディネーターは、現在、ガーナでのFCTCの実施を強化するために行動することができない理由はない」と主張しました。

 

この研究では、アフリカでたばこ一本の販売問題に対する永続的な解決策として、厳しい措置が必要であると勧告しています。それは、適切な法律を通過させ、強制することによって、たばこ製品の単一のスティックまたは小さなパックの販売が禁止されていることを政府に保証することを求めました。

 

http://ghananewsonline.com.gh/secondhand-smoking-childrens-health-ghanas-tobacco-control-law/

 

記事は、

2018年4月4日ghananewsonline.com.gh記事より引用させていただいております。