【チェコ共和国】喫煙禁止後の心臓疾患は減少しました


【チェコ共和国】喫煙禁止後の心臓疾患は減少しました

 

やレストランでの喫煙禁止が昨年5月末にチェコ共和国全域で発効して以来、喫煙関連疾患は減少しています。

 

健康情報統計研究所(ÜZISČR)は、喫煙禁止期間の最初の6ヶ月間の入院件数を、禁煙中の同時期のレストランで比較しました。

 

「心臓発作、狭心症、冠動脈疾患、喘息などの病気では、喫煙を制限するとすぐに効果が現れる可能性がある」と、タバコ依存症治療学会のエバ・クラリコバ会長は

「全体的に、入院患者数は減少しています5ヵ月で約10,000人になります」と彼女は言いました。60歳未満の人では、より顕著な減少が見られました。

特に、病院での心臓発作のために死亡した人が13.1%少なく、入院した人が730人少なかった。狭心症は16%減少し、冠動脈疾患は60歳までの患者では15%、年齢が12%未満では低下しています。60歳未満の喘息患者は入院患者が11%少なくなった。

 

受動喫煙によって引き起こされる癌や慢性閉塞性肺疾患などの他の疾患の影響には、より長い時間がかかります。

 

症状が現れるまでに時間がかかるため、肺がんは依然として増加しています。女性は男性よりも苦しむでしょう。

肺がんの女性の数は過去10年間で約3分の1に増加し、死亡数は5分の1に増加しています。

 

しかし議会の議員たちはすでに、喫煙禁止の一部を覆そうとしています。

 

議会副会長のマレック・ベンダ(ODS)は、小さなパブやバーは完全禁止に直面してはならないと提案している。しかし、政府はこの提案を支持していません。

 

https://prague.tv/en/s72/Directory/c202-Beauty-Health-Wellness/n13932-Heart-disease-down-after-smoking-ban

 

記事は、

2018年4月10日prague.tvの記事より引用させていただいております。