【中国】マカオ、禁煙ゾーン拡大と罰金引き上げ含むの新禁煙法改正から3ヶ月間の累計違反件数1425件


【中国】マカオ、禁煙ゾーン拡大と罰金引き上げ含むの新禁煙法改正から3ヶ月間の累計違反件数1425件

 

世界的な健康意識の高まりを受け、マカオでは屋内公共エリア及び公園などの大半を禁煙とする「新禁煙法(喫煙予防及びコントロール法)」が2012年元旦から施行され、市内ではマカオ政府衛生局(SSM)の法執行官(禁煙Gメン)が昼夜を問わず巡回取り締まりを行っている。

 

改正法施行後の今年1月1日から3月31日の期間に限ると、禁煙Gメンによる巡回場所は延べ8万9786箇所(1日平均延べ988箇所)、累計違反件数は1425件だった。

違反の内訳は、禁煙ゾーンでの違法喫煙行為が1420件(前年同期比36.6%減)、基準を満たさないパッケージの商品が5件。

このうち、違反者が最も多かったのがカジノで、全体の27.8%にあたる396件、新たに禁煙ゾーンに設定されたバス停の周囲10メートルでの違反件数は10.5%にあたる149件だった。

 

違法喫煙行為の違反者のうち、男性が全体の92.8%を占める1318人、女性が7.2%の102人、海外(中国本土・香港・台湾含む)からの旅客が63.4%の900人、マカオ市民が33.6%の477人、マカオで就労する海外からの労働者が3.0%の43人。

取り締まりにあたって警察の協力を必要とした事案が37件あった。罰金の納付率は81.1%。

 

https://www.macaushimbun.com/news?id=24160

 

記事は、

2018年4月10日macaushimbun.comの記事より引用させていただいております。