【アメリカ】CDC、新たな禁煙広告を開始


【アメリカ】CDC、新たな禁煙広告を開始

 

疾病対策センターは、禁煙を目的とした最新の広告掲載を開始しました。

 

「前の喫煙者からのヒント」キャンペーンは、実際の喫煙の健康上の影響を受けた現実の人々を対象としています。

 

新しい広告の1つに、口腔癌のために顎の半分を除去しなければならなかったChristineという女性が含まれています。

その他には、心臓病や肺がんを患っている男性がいます。

母親が肺がんで死亡した後、女性が禁煙を余儀なくされた方もいます。

 

疾病対策センターは、2012年にキャンペーンが開始されて以来、500万人以上の人が禁煙しようとしていると推定しています。

 

http://wnyt.com/health/new-anti-smoking-ads-cdc-centers-for-disease-control/4877458/

 

記事は

2018年4月23日wnyt.comの記事より引用させていただいております