【ナイジェリア】禁煙キャンペーンがアブジャの中で始まります。


【ナイジェリア】禁煙キャンペーンがアブジャの中で始まります。

 

タバコ規制運動者は、ナイジェリア政府が2015年に国家たばこ規制(NTC)法を施行し、国の健康危機を回避するために、より多くの努力をしてきました。

 

彼らは、アブジャ(Abuja)で開催されたコミュニティタバコ規制議会で、若者にタバコの危険性ついて議論するように、ジャヒ1グループに依頼しました。

 

コミュニティに参加したグループの中には、地球環境保護活動/地球ナイジェリア(ERA / FoEN)、ナイジェリアタバコ規制アライアンス(NTCA)、ゲートフィールド、シーダーズ財団などがあります。

 

Philip Jakporは、たばこが毎年約600万人を殺し、2020年から800万人に達したと発表した。

まら、医者が他の方法で証明された研究をしても、タバコ業界は意図的にそれほど有害でないと描写している、とも述べました。

 

https://leadership.ng/2018/05/24/anti-tobacco-campaigners-engage-abuja-community/

 

記事は

2018年5月24日leadership.ngの記事より引用させていただいております。