【フランス】毎日たばこを吸う人が100万人減少 17年調査 増税など効果


【フランス】毎日たばこを吸う人が100万人減少 17年調査 増税など効果

 

5月29日 AFP】フランスで2017年、毎日たばこを吸う人が前年より100万人減ったことが明らかになった。同国保健省が28日発表した特別報告書で明らかになった。

 

 調査は2017年、フランス国内に住む18~75歳の人を無作為に抽出して実施。調査対象者のうち、たばこを時々吸うと答えた人は31.9%(前年比3.2ポイント減)、毎日吸うと答えた人は26.9%(同2.5ポイント減)だった。これは毎日たばこを吸う人が前年より100万人減ったことを意味するという。

 

 フランスはたばこの煙が充満する首都パリの街角のカフェが国の代名詞ともなっていたが、保健省によるとたばこが原因で死亡する人は1日に約200人、年間で約7万3000人に上るという。アニエス・ビュザン(Agnes Buzyn)保健相は喫煙者減少というこの新しい傾向は明るい展望を示すものだと述べた。

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3176352

 

記事は

2018年5月29日afpbb.comの記事より引用させていただいております。