【ガーナ】タバコ規制への取り組みに対する政府の評価


【ガーナ】タバコ規制への取り組みに対する政府の評価

 

代替開発ビジョン(The Vision for Alternative Development )ならびに、その他の市民社会組織は、WHOのタバコ規制枠組み条約(FCTC)の一部を国に取り組む努力を政府に表明している。

 

彼らは、2012年の公衆衛生法(Act 851)のたばこ規制措置の通過と、2016年のたばこ規制法(LI 2247)の採択という努力について言及した。

 

しかし、努力をした政府がタバコ規制法を施行するために行ったもので、タバコの使用やタバコの煙への曝露を減らすために、さらに多くの方法を実施することができると述べました。

 

声明では、たばこの影響が世界のあらゆる地域に広がり、生命と生計を脅かし、先進国と発展途上国の健康と繁栄を危険にさらしていると述べた。

 

同会議は、保健省および関係当局に対し、ホテル、レストラン、バスターミナルを含むすべての公共の場所が完全に禁煙であることを確実にするために、全国たばこ規制法およびFCTCの包括的実施を緊急に確実にするよう求めた。

 

https://www.ghanaweb.com/GhanaHomePage/health/Government-commended-for-efforts-in-tobacco-control-657431

 

記事は

2018年6月4日ghanaweb.comの記事より引用させていただいております。