【アメリカ】たばこ13ドルに引き上げ 喫煙者削減目指す条例案可決


【アメリカ】たばこ13ドルに引き上げ 喫煙者削減目指す条例案可決

 

【9日付ニューヨーク・デイリー・ニュース】ニューヨーク市議会は9日、たばこ1箱の最低価格を13ドル(約1420円)に引き上げる条例案を可決した。

市では現在、たばこ1箱の最低価格は10ドル50セント(約1150円)と定められているが、ほとんどの小売店ではこれより高く販売され、平均価格は11ドル23セント(約1227円)となっている。

 

https://www.dailysunny.com/2017/08/11/news0811/

 

2017年8月2日dailysunnewyorkの 記事より引用させていただいております。


【アメリカ】NJ州、たばこ購入年齢を21歳に引き上げ 全米で3番目


 

【アメリカ】NJ州、たばこ購入年齢を21歳に引き上げ 全米で3番目

 

(CNN) 米ニュージャージー州のクリス・クリスティー知事は25日までに、たばこ製品を購入できる最少年齢について、これまでの19歳から21歳に引き上げる法案に署名した。21歳への引き上げはハワイ、カリフォルニアに続いて3州目。施行は11月1日から。

 

https://www.cnn.co.jp/usa/35104692.html

 

記事は

2017年7月25日cnn_co_jpの記事より引用させていただいております。


【アメリカ】肺腺がんの増加、実は「軽いたばこ」が原因の一つになっていた(研究結果)


【アメリカ】肺腺がんの増加、実は「軽いたばこ」が原因の一つになっていた(研究結果)

 

煙の中のニコチンやタールの含有量が少なく、いわゆる「軽いたばこ」と呼ばれる商品が、ここ数年で増加している肺腺がんの要因になっていたとされる論文が、5月22日付の医学誌に発表された。軽いたばこのフィルターの構造によって、喫煙者がより多くの煙を、肺の奥まで吸い込んでしまうことが関連しているという。

 

論文を発表したのは、アメリカオハイオ州立大学のピーター・シールズ氏らの研究グループ。イギリスのがん専門学術誌「ジャーナル・オブ・ザ・ナショナル・キャンサー・インスティテュート」に掲載された論文で、「たばこの構造が変わったことが、肺腺がんの増加を引き起こしたと結論付けた。それは、タールの吸収率を下げるフィルタが関与している」と指摘した。

 

http://www.huffingtonpost.jp/2017/05/23/light-cigarette-lung-adenocarcinoma_n_16760996.html

 

記事は

2017年5月23日huffingtonpostの記事より引用させていただいております。

 


【アメリカ】たばこの「ニコチン含有量規制」を検討、米国FDA、「常習性のない水準まで」


【アメリカ】たばこの「ニコチン含有量規制」を検討、米国FDA、「常習性のない水準まで」

 

米国食品医薬品局(FDA)が「たばこ製品に含まれるニコチンを常習性のない水準にまで減らす新規制」を検討していることを明らかにした。

 

たばこをやめられない原因はニコチンによる中毒である。ニコチンそのものに、がんや肺疾患、心臓疾患を引き起こす根本的な原因は確認されていないものの、たばこに含まれるほかの有害物質が健康上の害になることは周知の事実だ。

 

その点にFDAは懸念を示している。「ニコチンの水準をゼロにしたり、あるいはたばこの販売・喫煙行為を禁止することはできない」とする一方、ニコチンを中毒にならない水準にまで引き下げることで、大幅な規制見直しを実施する意向だ。

 

米国政府がこうした強行手段にでた今、欧州などでも同様の働きかけが強まるとの見方が、一部のアナリスト間で強まっている。

 

https://zuuonline.com/archives/164770

 

記事は

2017年8月1日ZUU_ONLINEの記事より引用させていただいております。

 


【アメリカ】米国:たばこ農場で働く子どもに深刻な健康被害


【アメリカ】米国:たばこ農場で働く子どもに深刻な健康被害

 

(ワシントン DC)米国内のたばこ農場で働く子どもはニコチンや有毒な農薬などの危害に晒されていると、ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日発表の報告書で述べた。

 

米国でのたばこ生産シェアの9割を占める4州(ノースカロライナ、ケンタッキー、テネシー、バージニア)のたばこ農場で働く子どもの状況を調査記録したものだ。

子どもたちは作業中に嘔吐、吐き気、頭痛、めまいなどを感じると話した。これらの症状は重篤なニコチン中毒と一致する。多くの子どもが、残業手当なしで長時間労働に従事している。

また炎天下の直射日光を浴びて作業したり、十分な休憩がないことがよくあったと述べた。保護具は一切ないか、あっても不十分だった。

 

https://www.hrw.org/ja/news/2014/05/14/253707

 

記事は

2014年5月14日HUMAN RIGHTS WATCHの記事より引用させていただいております。


これまでの記事はこちらから > | WHOアメリカEUイギリス中国韓国オーストラリアその他