【フランス】毎日たばこを吸う人が100万人減少 17年調査 増税など効果


【フランス】毎日たばこを吸う人が100万人減少 17年調査 増税など効果

 

5月29日 AFP】フランスで2017年、毎日たばこを吸う人が前年より100万人減ったことが明らかになった。同国保健省が28日発表した特別報告書で明らかになった。

 

 調査は2017年、フランス国内に住む18~75歳の人を無作為に抽出して実施。調査対象者のうち、たばこを時々吸うと答えた人は31.9%(前年比3.2ポイント減)、毎日吸うと答えた人は26.9%(同2.5ポイント減)だった。これは毎日たばこを吸う人が前年より100万人減ったことを意味するという。

 

 フランスはたばこの煙が充満する首都パリの街角のカフェが国の代名詞ともなっていたが、保健省によるとたばこが原因で死亡する人は1日に約200人、年間で約7万3000人に上るという。アニエス・ビュザン(Agnes Buzyn)保健相は喫煙者減少というこの新しい傾向は明るい展望を示すものだと述べた。

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3176352

 

記事は

2018年5月29日afpbb.comの記事より引用させていただいております。


【オランダ】紙巻たばこと同じ規則に直面する加熱式のタバコ


【オランダ】紙巻たばこと同じ規則に直面する加熱式のタバコ

 

オランダ政府は、通常のタバコ製品に適用されるのと同じ規則で、いわゆる加熱式タバコを保有する予定です。

公衆衛生のPaul Blokhuis国務長官は、これらの製品に対する年齢制限と広告禁止を実施している、と報告している。 

 

「この種の製品の周りには、通常の喫煙に対する賢明な選択肢であるというイメージがしばしばあります」とブローフス氏は述べています。

彼によると、その考えは誤って配置されています。

「あなたが死に至ることができるからです。」と述べています。

 

https://nltimes.nl/2018/05/16/smoke-free-cigarettes-face-rules-normal-cigarettes-netherlands

 

記事は

2018年5月16日nltimes.nl/の記事より引用させていただいております。


【ギリシャ】ギリシャの裁判所は、電子タバコは書き巻きたばこと相違ないと判断しました。


【ギリシャ】ギリシャの裁判所は、電子タバコは書き巻きたばこと相違ないと判断しました。

 

ギリシャのトップ裁判所は、公共の場所や広告の禁止について、従来の喫煙と同じ法的規制が電子タバコにあるべきだと判断しました。

 

その判決で、ギリシャの最高行政裁判所評議会は、電子たばこ事業者協会が発布した控訴を棄却し、通常の紙巻きタバコに適用されるのと同じ制限および禁止に電子タバコも含めるべきであると述べました。

 

ギリシャは、通常のたばこやタバコ製品の宣伝、販売、使用(公共の場での喫煙禁止、交通機関の煙など)に制限や禁止を課し、違法行為者に対する制裁も導入しています。

 

https://www.euractiv.com/section/health-consumers/news/greek-court-says-e-cigarettes-do-not-differ-from-traditional-smoking/

 

記事は

2018年3月30日www.euractiv.comの記事より引用させていただいております


【チェコ共和国】喫煙禁止後の心臓疾患は減少しました


【チェコ共和国】喫煙禁止後の心臓疾患は減少しました

 

やレストランでの喫煙禁止が昨年5月末にチェコ共和国全域で発効して以来、喫煙関連疾患は減少しています。

 

健康情報統計研究所(ÜZISČR)は、喫煙禁止期間の最初の6ヶ月間の入院件数を、禁煙中の同時期のレストランで比較しました。

 

「心臓発作、狭心症、冠動脈疾患、喘息などの病気では、喫煙を制限するとすぐに効果が現れる可能性がある」と、タバコ依存症治療学会のエバ・クラリコバ会長は

「全体的に、入院患者数は減少しています5ヵ月で約10,000人になります」と彼女は言いました。60歳未満の人では、より顕著な減少が見られました。

特に、病院での心臓発作のために死亡した人が13.1%少なく、入院した人が730人少なかった。狭心症は16%減少し、冠動脈疾患は60歳までの患者では15%、年齢が12%未満では低下しています。60歳未満の喘息患者は入院患者が11%少なくなった。

 

受動喫煙によって引き起こされる癌や慢性閉塞性肺疾患などの他の疾患の影響には、より長い時間がかかります。

 

症状が現れるまでに時間がかかるため、肺がんは依然として増加しています。女性は男性よりも苦しむでしょう。

肺がんの女性の数は過去10年間で約3分の1に増加し、死亡数は5分の1に増加しています。

 

しかし議会の議員たちはすでに、喫煙禁止の一部を覆そうとしています。

 

議会副会長のマレック・ベンダ(ODS)は、小さなパブやバーは完全禁止に直面してはならないと提案している。しかし、政府はこの提案を支持していません。

 

https://prague.tv/en/s72/Directory/c202-Beauty-Health-Wellness/n13932-Heart-disease-down-after-smoking-ban

 

記事は、

2018年4月10日prague.tvの記事より引用させていただいております。


【オーストリア】オーストリアで禁煙法求める請願に署名10万人、議会で審議へ


【オーストリア】オーストリアで禁煙法求める請願に署名10万人、議会で審議へ

 

2月19日 AFP】オーストリアで、バーやレストランでの喫煙禁止法を求める請願に3日足らずで10万人の署名が集まり、議会で審議にかけられる見通しとなった。

 

同国では今年5月にも喫煙禁止法が施行されるはずだった。しかし昨年末の総選挙の結果、新たな連立政権に加わった極右政党・自由党(FPOe)の要求で同法は撤回された。これを受けて同国医師会が今回の請願を立ち上げた。

 

内務省のウェブサイト上に設けられたこの請願には賛同者のアクセスが殺到。16日には2時間にわたってサーバーがダウンした。

 

http://www.afpbb.com/articles/-/3162982

 

記事は、

2018年2月19日afpbbcomの記事より引用させていただいております。


【ノルウェー】禁煙法が広まるかもしれない


【ノルウェー】禁煙法が広まるかもしれない

 

ノルウェーの中央集権的クリスチャン民主党党は過去15年間有効だった喫煙禁止を強化し、拡大しようとしている。彼らは屋内だけでなく屋外にも光を当てることを違法にしたいと考えています。

 

「非喫煙者が避けることのできない(屋外の)場所での喫煙も禁止したい」と、元副看護師で現行のChristian Democrats副議長のOlaug BollestadはTV2に語った。Bollestandは議会の健康委員会を率いて、非喫煙者が受動的な喫煙を受ける屋外での喫煙制限を拡大することが「時間がかかる」と考えています。

 

「スウェーデンよりノルウェーを悪化させることはできない」と指摘し、スウェーデン政府は2025年までに全国が禁煙することを目指すと述べた。

 

http://www.newsinenglish.no/2018/01/31/anti-smoking-law-may-spread/

 

記事は、

2018年1月31日norwaynewsの記事より引用させていただいております。


【アイルランド】アイルランド発の禁煙広告がNYへ渡り、アメリカ全土へ!禁煙した人が100万を超える国の最新キャンペーンとは?


【アイルランド】アイルランド発の禁煙広告がNYへ渡り、アメリカ全土へ!禁煙した人が100万を超える国の最新キャンペーンとは?

 

皆さんは、2017年にアイルランドで生まれた禁煙広告「I Will Survive」をご存知ですか?

HSE(Health and Safety Executive)という団体が作ったその広告は、その素晴らしさと影響力から海を渡ってアメリカのニューヨークでも放映され始め、さらには西海岸にも広がろうとしています。

 

アイルランドではこのQUITと呼ばれる禁煙キャンペーンシリーズが効果を示し、2007年から喫煙者は29%から22%へと減少。数にしてなんと100万人が禁煙に成功しています。いつの日か、この広告が世界レベルのキャンペーンとなって、人々の未来を救うかもしれませんね。

 

https://adgang.jp/2018/01/155496.html

 

記事は、

2018年1月10日AdGangの記事より引用させていただいております。


【ドイツ】バイエルンの練習施設が禁煙に…喫煙者の指揮官も承諾「私の体にいい」


【ドイツ】バイエルンの練習施設が禁煙に…喫煙者の指揮官も承諾「私の体にいい」

 

ドイツ王者バイエルンのトレーニング施設が禁煙となったようだ。

 

今回の新たな規則は、今年8月にバイエルンのスポーツディレクター(SD)に就任したばかりの元ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表MFハサン・サリハミジッチ氏によるものだという。

 

サリハミジッチ氏はイギリス紙『Sky Sports』に「私はカルロ・アンチェロッティにクラブの施設で喫煙しないように頼んだ。もちろん、彼はそれを受け入れてくれたよ。彼は真のプロフェッショナルだ」とコメントし、同監督の姿勢を称賛した。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170819-00629557-soccerk-socc

 

2017年8月19日(SOCCER KING) - Yahoo!ニュース  の記事より引用させていただいております。

 


【チェコ】チェコの飲食店での禁煙法、5月末から施行


【チェコ】チェコの飲食店での禁煙法、5月末から施行

 

チェコで5月31日、レストランやバーなど飲食店での喫煙を全面的に禁止する禁煙改正法が施行される。違反者には、最大5万コルナ(2,110ドル)の罰金が科される。チェコ通信が伝えた。

 

https://www.nna.jp/news/show/1615503

 

2017年5月31日 NNA ASIA・チェコ・社会・事件 の 記事より引用させていただいております。

 


【フィンランド】フィンランド、「たばこ一掃」に本腰 喫煙人口2%未満目標


【フィンランド】フィンランド、「たばこ一掃」に本腰 喫煙人口2%未満目標

 

(CNN) フィンランド政府がたばこのない国家の実現に向けて、2040年までに成人の喫煙人口を2%未満に減らすという大胆な目標を打ち出した。

普通のたばこのほか、かぎたばこ、無煙たばこ、葉巻、パイプ、電子たばこも含めてあらゆる形態のたばこの一掃を目指す。

 

先進国ではたばこの広告や商店での陳列禁止、公共の場での禁煙などが進んだことにより、この数十年で喫煙率は減り続けている。

フィンランドの2013年の統計では15~64歳の喫煙率は16%。英国は14年の統計で19%だった。

 

https://www.cnn.co.jp/business/35095663.html

 

記事は

2017年1月27日 cnn_co_jpの記事より引用させていただいております。


【フランス】フランス たばこ1箱1,300円へ


【フランス】フランス たばこ1箱1,300円へ

 

フランス政府は、たばこ1箱をおよそ1,300円に値上げする方針。

フランス政府は今後、3年以内に、たばこ1箱を今より4割ほど高い、およそ10ユーロ、日本円でおよそ1,300円に、段階的に値上げする方針を明らかにした。

これは、フランスでの喫煙率が、この20年間でほとんど減らず、たばこ関連による死者が毎年8万人に達しているため。

これまでにない大胆な値上げとなり、フランスはノルウェーなどに続いて、ヨーロッパで最もたばこが高い国の1つとなる。

ただ、値上げの具体的な時期などは決まっておらず、今後、議会で審議される。

 

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00366185.html

 

記事は

2017年8月3日FNNの記事より引用させていただいております。

 


【EU】欧州司法裁判所、たばこパッケージ規制のEU指令を適法と判断。たばこメーカー敗訴


【EU】欧州司法裁判所、たばこパッケージ規制のEU指令を適法と判断。たばこメーカー敗訴

 

EU法規制の司法機関機能を司る欧州司法裁判所は5月4日、世界大手たばこメーカー複数社が、たばこパッケージの65%以上にタバコの健康被害を表示することを義務付けたEU指令および英国法が不当であるとしていた裁判で、EU指令の違法性はないとの判決を下した。

EU法の最高司法機関である欧州司法裁判所の判決が確定したことで、EU圏内におけるたばこパッケージには引き続きタバコの健康被害の警告が全面的に表示されることとなった。

 

このEU指令では、たばこパッケージの両面の65%以上にたばこが70以上の発がん物質を含むという健康被害を表示すること、

フレーバー付きたばこの販売を禁止すること(メントールは2020年まで猶予)、

電子たばこ用カートリッジのニコチン含有量を20mg/ml以下に制限することなどを定めており、今年5月20日発効することが定められていた。

これが施行されると、たばこパッケージからはロゴ、模様、色合いなどが一切消え、指定のフォント、指定の大きさ、指定の場所にブランド名を記載することのみが許され、替わりに健康被害を謳う文言だけが大きく表示される。

このように、シンプルなデザインとなるパッケージは英語圏では「プレイン・たばこ・パッケージング」と呼ばれており、プレイン・たばこ・パッケージング以外のたばこは2017年1月からフランスで、同5月からは英国とアイルランドで販売が禁止される国内法が制定されている。

 

https://sustainablejapan.jp/2016/06/03/ecj-tobacco/22468

 

記事は

2016年6月3日SustainableJPNの記事より引用させていただいております。


カテゴリーごとの記事はこちらから > | WHOアメリカEUイギリス中国韓国オーストラリアその他