【イギリス】毎年8000人以上の人が喫煙が原因で死亡している(南西部)


【イギリス】毎年8000人以上の人が喫煙が原因で死亡している(南西部)

 

毎年南西部で8,000人以上の人々が喫煙して死亡していることが判明しました。

 

公衆衛生イングランド(PHE)は、国民保健サービスの全ての現場スタッフが効果的な禁煙に関するアドバイスを提供するために無料のオンライントレーニングを利用させたいと考えています。

 

http://www.bournemouthecho.co.uk/news/15661659.More_than_8_000_people_die_from_smoking_in_the_south_west_every_year/

 

記事は、

2017年11月15日DAILY ECHOの記事より引用させていただいております。


【イギリス】英国は2040年までに禁煙国になれる可能性がある


【イギリス】英国は2040年までに禁煙国になれる可能性がある

 

たばこ会社Philip Morrisは、2040年までに英国が禁煙国となれる可能性を示唆する調査を発表しました。

 

電子タバコなどのタバコ代替品への移行や喫煙者数の減少などにより、

喫煙者数は減少していますが、喫煙者数が5%以下になるには23年かかりイギリスを効果的に禁煙国にすることができると述べました。

 

http://www.ladbible.com/news/uk-news-britain-could-be-smoke-free-by-2040-new-study-finds-20171105

 

記事は、

2017年11月01日ladbibleの記事より引用させていただいております。


【イギリス】若者の喫煙率最低を記録


【イギリス】若者の喫煙率最低を記録

 

National Statisticの新しい研究によると、

イングランドでの喫煙若者の割合は、過去最低を記録しました。

 

定期的な青少年喫煙の継続的な減少は、

タバコを手頃な価格にするための税金の引き上げや

タバコを望ましくないようにするためのプレーンパッケージなど、

効果的なタバコ規制措置により作り上げることができました。

 

 

https://medicalxpress.com/news/2017-11-regular-young-people.html

 

記事は、

2017年11月01日medical_xpressの記事より引用させていただいております。


【イギリス】喫煙者や肥満患者は手術せず、英自治体の方針に物議


【イギリス】喫煙者や肥満患者は手術せず、英自治体の方針に物議

 

(CNN) たばこを吸う患者や極端な肥満の患者は、自ら健康状態を改善するまで手術を受けられません――。英国の自治体がそんな方針を打ち出して物議をかもしている。

 

この方針は、ハートフォードシャー州で国民健康保健サービスの運営を担う臨床委託グループ(CCG)が発表。緊急性の低い手術について、患者が自分の健康状態を改善させるまで、無期限で国の保険制度の対象となる手術は受けさせないと規定した。ただし、例外とする臨床状態についてはケースバイケースで判断するとしている。

 

健康状態改善の目標として、BMIが40を超す患者は9カ月以内に15%の減量を、30を超す患者は同10%の減量を義務付ける。喫煙者には8週間以上の禁煙を義務付け、呼気検査でチェックする。

 

https://www.cnn.co.jp/fringe/35109708.html

 

記事は、

2017年11月01日 cnn_co_jpの記事より引用させていただいております。


【イギリス】ノースヨークシャー協議会は禁煙地区の創設を歓迎


【イギリス】ノースヨークシャー協議会は禁煙地区の創設を歓迎

 

ノースヨークシャーの多くの公共期間を禁煙にするために、新しい基金が設立されました。

ノースヨークシャー協議会は、Smokefree Place Foundを設立し、禁煙イベントを催促するために地域のイベントや、広告等に使用することが出来ます。

これは、喫煙を抑止し、2025年までに禁煙時代を実現し、子供の健康の為の積極的な役割果たす協議の目的の一部です。

 

ちなみに、英国では、多くの公共の場所は、遊び場、学校の門、ビーチ、町の広場など、すでに禁煙になっています。

 

http://www.thenorthernecho.co.uk/news/15619064.Council_creates_fund_to_encourage_creation_of_smokefree_zones/

 

記事は、

2017年10月26日 The Northern Echoの記事より引用させていただいております。


【イギリス】禁煙法施行10年――イギリスの喫煙率が過去最低に


【イギリス】禁煙法施行10年――イギリスの喫煙率が過去最低に

 

過日、受動喫煙を防止するための法整備が先送りされることが決定した。厚労省は飲食店や公共の建物内は原則禁煙とする案を提出したが、これに対し「厳しすぎる」と自民党内から反対の声が多く上がったようだ。

 

その“厳しすぎる”禁煙法を、英国は2007年に施行している。レストラン、カフェはもちろん、飲酒することが前提のパブやバーに至るまで、公共の建物内は原則禁煙。公共交通機関、教育関連施設、官公庁ももちろん全面禁煙だ。屋根の下で大っぴらに煙草を吸うことができる場所は、自宅と自家用車内くらいしかない。

 

この法律が発効してから10年目の今年、英国内の喫煙率が過去最低を記録したと慈善団体「キャンサー・リサーチ」が発表した。2007年に英国内にいた喫煙者は1,020万人だったが、2016年の調査で過去最低の830万人にまで減少したという。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170703-00010011-jisin-ent

 

2017年7月3日(女性自身) - Yahoo!ニュースの記事より引用させていただいております。


【イギリス】イギリスがタバコ規制を強化、簡素でくすんだ緑色の包装に統一 業界、愛煙家は反発


【イギリス】イギリスがタバコ規制を強化、簡素でくすんだ緑色の包装に統一 業界、愛煙家は反発

 

イギリスでタバコのパッケージのデザインと表記を統一する新規制が20日から完全実施となった。より魅力のないパッケージにすることで、若い世代の喫煙防止につながることが期待されている。

 

フィナンシャル・タイムズ紙(FT)によれば、イギリス政府はタバコの広告禁止、タバコ会社によるイベントの協賛禁止、パブでの喫煙禁止などの反タバコ規制を採用してきており、今回のパッケージ統一もその一環だという。

新規制は、EUの「タバコ規制指令」に準じて昨年より実施されているが、古い在庫を売り切る猶予期間が終了し、20日から完全実施となった。

 

http://newsphere.jp/national/20170524-1/

 

記事は

2017年5月24日のPhamaTimesの記事より引用させていただいております。


【イギリス】子供が乗っているときは車内禁煙、イギリスで法案可決「大人は自由に吸えるが、子供は声をあげられない」


【イギリス】子供が乗っているときは車内禁煙、イギリスで法案可決「大人は自由に吸えるが、子供は声をあげられない」

 

イギリス議会下院は2月10日、自動車に子供を乗せているときは、タバコを吸うことが禁じられる法案を可決した。イングランドで18歳以下の子供が同乗している場合が対象で、違反者には50ポンド(約9100円)の罰金が課せられる。BBCなどが報じた。

 

政府による法制化は10月1日の見込み。イングランドは既に制度を導入済みのウェールズに習った形となる。スコットランドでも同様の法律を検討している。

 

法案を推進した労働党のルチアナ・バーガー氏はブログメディア「ポリティクス・ホーム」に寄稿した記事の中で「大人は好きな時に吸える。ほとんどの子供は選択権を持たず、また、声もあげられない。これは児童保護の問題であり、大人の選択の自由の問題ではない」と、述べていた。

 

 

http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/11/england-ban-smoking-in-cars_n_6666652.html

 

記事は

2015年2月12日HuffPostJapan記事より引用させていただいております。


【イギリス】喫煙による心臓発作リスク、男性と女性ではどちらが高い?


【イギリス】喫煙による心臓発作リスク、男性と女性ではどちらが高い?

 

海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「喫煙と心疾患の関係性」にまつわる記事が掲載された。最新の研究発表によると、喫煙している男女では心臓発作のリスクにかなりの差があるとのこと。

 

報告された研究は、急性のST上昇型心筋梗塞治療中の約3,000人の患者を対象に、シェフィールド大学とサウスヨークシャー胸腔鏡センターによって実施された。調査結果を詳しく調べたところ、50歳未満の喫煙女性は非喫煙女性に比べて心臓発作に罹患するリスクが約13倍高いということが判明。

 

一方、50歳未満の喫煙男性が非喫煙男性に比べて心臓発作になるリスクは8.5倍となっており、女性喫煙者よりも有意に低かった。従来の研究では「喫煙が心臓発作のリスクを高める」と言われていたが、今回の研究は喫煙と心臓発作の関係に男女差があることを示唆している。

 

http://news.mynavi.jp/news/2017/04/10/055/

 

記事は

2017年4月10日マイナビニュース の記事より引用させていただいております。


【イギリス】禁煙した人数が過去最高を記録


【イギリス】禁煙した人数が過去最高を記録 

 

英国国家統計局の最新データによると、以前に比べたくさんの人が禁煙していることがわかった。

 

 

2015年、全英の喫煙者のうち、56.7%の人が禁煙した。

これは、1974年嫌い過去最高の禁煙率となった。

 

英国癌研究センターのジョージ・バッターワーズさんは、素晴らしい進歩であると喜んだが、一方で禁煙をしようとしている人への予算削減などで、今後きちんと禁煙する環境がなくなってしまうのではないかと懸念している。

  

2014年に80,000人近いひとが喫煙が原因で亡くなっており、これは予防できると考えている。経済面では、オクスフォード大学の研究によると、2005 年〜2006年のイギリスの国民保険サービスの コストは5.2億ポンドにものぼっている。

 

http://www.pharmatimes.com/news/number_of_people_quitting_smoking_hits_record_high_1188489

 

記事は

2017年3月9日のPhamaTimesの記事より引用させていただいております。

 


カテゴリーごとの記事はこちらから > | WHOアメリカEUイギリス中国韓国オーストラリアその他