【イギリス】NICEと公衆衛生イングランドは、正確な情報で意思決定を下し、禁煙する事を支援します


【イギリス】NICEと公衆衛生イングランドは、正確な情報で意思決定を下し、禁煙する事を支援します

 

NICEと公衆衛生イングランドは、禁煙を支援する最良の方法について、保健従事者のための最新のガイドラインを公表し、禁煙サービスを停止しています。

 

この新しい  ガイドラインでは、妊娠中の女性や精神障害のある人など、喫煙の危険性が最も高い特定のグループに優先順位を付けることを推奨しています。

 

それは、人々が彼らの喫煙について尋ねられ、健康または社会福祉士を見るたびに停止するよう勧められていることを推奨しています。また、毎年喫煙する推定地元住民の少なくとも5%を治療するなど、喫煙を止める既存の目標を強調しています。

 

このガイドラインには、行動支援、欲求と撤退症状を助けるための非ニコチン薬、ニコチン置換療法(NRT)、および非常に短いアドバイスを含む、喫煙した成人に利用可能な証拠ベースの介入が含まれています。

 

https://www.nice.org.uk/news/article/help-people-make-informed-decisions-when-they-want-to-quit-smoking-says-nice-and-public-health-england

 

記事は、

2018年3月28日nice.org.ukの記事より引用させていただいております。


【イギリス】NHSのサイトは2019年に禁煙になります


【イギリス】NHSのサイトは2019年に禁煙になります

 

3月14日の全国禁煙日に発表された完全禁煙の決定は、The Health Act(2006)およびNational Health and Care Excellence(NICE 2013)のガイドラインに沿ったもので、すべての病院サイト、精神保健病院、NHSサービスが提供されているサイトなどは、100%禁煙です。

 

「BSW STPクリニカルボードの共同議長であるIan Orpen博士とChristine Blanshard博士は、「現在、NHSの多くのサイトとプロバイダーは、スタッフ、患者、訪問者が使用する喫煙エリアを指定しています。1月1日以降、これはもう適用されません。

 

B&NES、スウィンドン、ウィルトシャーにこの新しい政策を導入することは、喫煙やタバコの使用が現場のどこでも許可されないことを意味します。

 

「私たちは、喫煙があなたの健康に重大な損害を与え、手術や手術後の回復時間を遅くするという明確なメッセージを発信したいと考えています。私たちはスタッフと患者が彼らが望むならば、彼らが禁煙になるのを助けるための支援を提供するでしょう。

 

「一部の人々は喫煙をやめたくないかもしれないと理解しており、入院中や職場でニコチン置換療法(NRT)を使用して喫煙をやめ、禁煙勧告しています。」

 

「現在、電子タバコは喫煙者の中で最も人気のある方法であるため、これらの装置を使用したい喫煙者をどのようにサポートできるかを検討する予定です」

 

http://www.mnrjournal.co.uk/article.cfm?id=108535&headline=NHS%20sites%20to%20go%20smoke-free%20in%202019&sectionIs=news&searchyear=2018

 

記事は、

2018年3月21日mnrjournal.co.uk記事より引用させていただいております。


【イギリス】あなたの子供を毒から守りましょう:フレッシュなキャンペーンは両親が外で喫煙を思い出させるように警告する


【イギリス】あなたの子供を毒から守りましょう:フレッシュなキャンペーンは両親が外で喫煙を思い出させるように警告する

 

英国の胸部学会の2016年の数字によれば、喘息発作で入院した3人の子供のうち1人がたばこの煙にさらされています。

ロイヤル・カレッジ・オブ・メディカルの他の数字によると、受動喫煙は、毎年、私たちの地域で子供の中耳炎の中で最大4,900件の感染を引き起こす可能性があります。

 

FreshのディレクターであるAilsa Rutterは次のように述べています。「誰も家族を危険にさらしたくない。しかし、間接喫煙は、健康に深刻なリスクであり、家の周りに広がり、それを見たり、匂いを嗅ぐことができた後には、長引く。バックドアや窓を開けた状態での喫煙は、家族を守るためにほとんど役に立ちません。禁煙または完全に外に出すことが唯一の方法です。

 

http://www.thenorthernecho.co.uk/news/local/northdurham/durham/16096980.Protect_your_children_from_poisons__Warning_as_Fresh_campaign_reminds_parents_to_take_smoking_right_outside/

 

記事は、

2018年3月19日thenorthernecho記事より引用させていただいております。

 


【イギリス】受動喫煙の毒素は、がんやペットの呼吸障害のリスクを高める


【イギリス】受動喫煙の毒素は、がんやペットの呼吸障害のリスクを高める

 

グラスゴー大学とペット慈善団体PDSAの専門家は、受動喫煙は動物にとってさらに有害であると言います。

 

彼らは今、彼らの喫煙習慣をやめさせるためにオーナーに呼びかけています。

研究は、タバコに含まれるがんを引き起こす化学物質が、異なる方法で異なる動物に影響を及ぼすことを示唆しています。

 

猫のグルーミングの習慣は、彼らが毛皮にくっつく煙を舐めて、口がんのリスクを高めるということです。

 

犬は呼吸困難や鼻や鼻腔がんの治療が困難です。

問題は、喘息や慢性的な咳などの問題から致命的な状態にまで及びます。リンパ腫などの癌は、タバコの煙に曝された猫はおよそ2倍に増加します。

 

https://www.thesun.co.uk/news/5802611/smoking-smokers-second-hand-pets-dogs-cats-cancer/

 

記事は、

2018年3月14日thesun.co.uk記事より引用させていただいております。


【イギリス】スモークフリーの時代は「今や見通し」となっており、6万6千人の成人が6ヶ月で悪い習慣を放棄したという新たな数字が発表された


【イギリス】スモークフリーの時代は「今や見通し」となっており、6万6千人の成人が6ヶ月で悪い習慣を放棄したという新たな数字が発表された

 

・NHSの助けを借りて6万6千人近くの成人が悪い習慣をやめた

・しかし、イングランド全域で成功率が急激に低下していることから、

・カンブリアの成功率は最も低く(23%)、スローは最高でした(85%)

・統計は、昨年5月に採択された法律に従って初めて公表された

 

これは、10本のタバコとメントールの販売を禁止するなど、政府の措置が、傾向を下方に保つのに役立っていることを示唆しています。  

 

新しい数字にコメントして、イングランドの公衆衛生局(Public Health)のDuncan Selbie最高経営責任者(CEO)は次のように述べています。「今は煙のない世代が見えています。」

http://www.dailymail.co.uk/health/article-5330819/Where-successful-areas-quitting-smoking.html

 

記事は、

2018年1月31日MailOnlineの記事より引用させていただいております。


【イギリス】NHSの禁煙宣誓書の発足


【イギリス】NHSの禁煙宣誓書の発足

 

NHSと公衆衛生の組織は、木曜日(11月11日)に国会に集まり、禁煙国NHSへの支援を宣言しました。

 

NHS Smokefree Pledgeに署名しているNHS機関は、喫煙者の介護をやめて禁煙を支援するという約束をしています。

 

喫煙は早過ぎの死や病気の原因であり、毎年79,000人が死亡しています。NHSは喫煙者の数を減らす上で重要な役割を果たしていますが、喫煙は病院で喫煙している4人に1人でNHSに大きな負担をかけています。政府は、イングランドのNHSへの喫煙費用は毎年25億ポンドと推定しています。 

 

http://www.rochdaleonline.co.uk/news-features/2/news-headlines/115242/launch-of-nhs-smoke-free-pledge

 

記事は、

2018年1月11日rochdaleonline.co.ukの記事より引用させていただいております。


【イギリス】1日1本のたばこでも心臓発作のリスク大、英大学の研究


【イギリス】1日1本のたばこでも心臓発作のリスク大、英大学の研究

 

【AFP=時事】喫煙本数を1日20本から1本に減らしても心臓発作や脳卒中が起こる確率が大幅に低下することはなく、20本の場合と比べて約50%のリスクが残るという研究結果が24日、英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)で発表された。

 

ハックショウ教授は、喫煙本数を1日数本に減らせば長期的な健康被害のリスクがほとんどなくなる、または完全になくなると勘違いすべきではないと強調している。

 

世界保健機関(WHO)の統計によると、喫煙が原因で毎年約700万人が死亡しており、うち約200万人は心臓発作や脳卒中など循環器系の疾患によるケースだという。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180125-00000043-jij_afp-int

 

記事は、

2018年1月25日YahooNewsTopicsの記事より引用させていただいております。


【イギリス:サマセット州】2年間で約1000人の喫煙者が亡くなりました


【イギリス:サマセット州】2年間で約1000人の喫煙者が亡くなりました

 

公衆衛生イングランド(PHE)の数字によると、2015年から2016年にかけて、サマセット州北部では、喫煙関連疾患が原因で約1,000人が死亡した。

 

最新の2年間の統計は、英国700万人の喫煙者にスモークフリーからの援助を受けるよう促す新しいテレビ広告の開始に先立って発表された。

 

スモークフリー団体は、この数字が喫煙者の習慣をやめるよう促す事を期待しています。

 

http://www.northsomersettimes.co.uk/news/smoking-death-figures-revealed-1-5341322

 

記事は、

2018年1月3日northsomersettimesの記事より引用させていただいております。


【イギリス】フィリップ・モリス、新聞に禁煙広告を掲載


【イギリス】フィリップ・モリス、新聞に禁煙広告を掲載

 

たばこ会社のフィリップ・モリスは、いくつかの新聞に、

「英国でタバコの販売をやめるという野望」を宣伝する広告を掲載している。

広告文は「新年の決意:タバコをやめようとしている」

喫煙者が喫煙をやめたり、タバコの代替品に移ったりすることについての情報を含む新しいウェブサイトに行くよう奨励する。

 

フィリップ・モリス氏は、

喫煙率が最も高い地方自治体の禁煙サービスを支援する

紙巻たばこパックに直接挿入するための政府の承認を求める。

英国の新しい代替製品の可用性を拡大する。

報道によると、同社は無煙代替品の開発に25億ポンドを費やしているという。

 

http://www.bbc.com/news/business-42539142

 

記事は、

2018年1月2日bbc.comの記事より引用させていただいております


【イギリス】電子タバコは、彼らが安全であることを証明するのに十分な証拠がないので、禁煙喫煙道具として使用してはならない


【イギリス】電子タバコは、彼らが安全であることを証明するのに十分な証拠がないので、禁煙喫煙道具として使用してはならない

 

E-タバコは、禁煙であることを証明する十分な証拠がないため、禁煙ツールとして使用すべきではない、と研究者は主張している。

 

リーズ・ベケット大学の心理学者、スチュアート・フリント博士は、流行のガジェットを伝統的なタバコに代わって「健康的な代替品」と呼ぶのは早すぎると考えています。

 

フリント博士は、「無責任な、非倫理的で、健康組織が証拠なしで電子タバコを宣伝することは潜在的に有害である」と付け加えた。 

 

http://www.dailymail.co.uk/health/article-5175299/E-cigarettes-SHOULDNT-used-researcher-claims.html

 

記事は

2017年12月13日MailOnlineの記事より引用させていただいております。


【イギリス】毎年8000人以上の人が喫煙が原因で死亡している(南西部)


【イギリス】毎年8000人以上の人が喫煙が原因で死亡している(南西部)

 

毎年南西部で8,000人以上の人々が喫煙して死亡していることが判明しました。

 

公衆衛生イングランド(PHE)は、国民保健サービスの全ての現場スタッフが効果的な禁煙に関するアドバイスを提供するために無料のオンライントレーニングを利用させたいと考えています。

 

http://www.bournemouthecho.co.uk/news/15661659.More_than_8_000_people_die_from_smoking_in_the_south_west_every_year/

 

記事は、

2017年11月15日DAILY ECHOの記事より引用させていただいております。


【イギリス】英国は2040年までに禁煙国になれる可能性がある


【イギリス】英国は2040年までに禁煙国になれる可能性がある

 

たばこ会社Philip Morrisは、2040年までに英国が禁煙国となれる可能性を示唆する調査を発表しました。

 

電子タバコなどのタバコ代替品への移行や喫煙者数の減少などにより、

喫煙者数は減少していますが、喫煙者数が5%以下になるには23年かかりイギリスを効果的に禁煙国にすることができると述べました。

 

http://www.ladbible.com/news/uk-news-britain-could-be-smoke-free-by-2040-new-study-finds-20171105

 

記事は、

2017年11月01日ladbibleの記事より引用させていただいております。


【イギリス】若者の喫煙率最低を記録


【イギリス】若者の喫煙率最低を記録

 

National Statisticの新しい研究によると、

イングランドでの喫煙若者の割合は、過去最低を記録しました。

 

定期的な青少年喫煙の継続的な減少は、

タバコを手頃な価格にするための税金の引き上げや

タバコを望ましくないようにするためのプレーンパッケージなど、

効果的なタバコ規制措置により作り上げることができました。

 

 

https://medicalxpress.com/news/2017-11-regular-young-people.html

 

記事は、

2017年11月01日medical_xpressの記事より引用させていただいております。


【イギリス】喫煙者や肥満患者は手術せず、英自治体の方針に物議


【イギリス】喫煙者や肥満患者は手術せず、英自治体の方針に物議

 

(CNN) たばこを吸う患者や極端な肥満の患者は、自ら健康状態を改善するまで手術を受けられません――。英国の自治体がそんな方針を打ち出して物議をかもしている。

 

この方針は、ハートフォードシャー州で国民健康保健サービスの運営を担う臨床委託グループ(CCG)が発表。緊急性の低い手術について、患者が自分の健康状態を改善させるまで、無期限で国の保険制度の対象となる手術は受けさせないと規定した。ただし、例外とする臨床状態についてはケースバイケースで判断するとしている。

 

健康状態改善の目標として、BMIが40を超す患者は9カ月以内に15%の減量を、30を超す患者は同10%の減量を義務付ける。喫煙者には8週間以上の禁煙を義務付け、呼気検査でチェックする。

 

https://www.cnn.co.jp/fringe/35109708.html

 

記事は、

2017年11月01日 cnn_co_jpの記事より引用させていただいております。


【イギリス】ノースヨークシャー協議会は禁煙地区の創設を歓迎


【イギリス】ノースヨークシャー協議会は禁煙地区の創設を歓迎

 

ノースヨークシャーの多くの公共期間を禁煙にするために、新しい基金が設立されました。

ノースヨークシャー協議会は、Smokefree Place Foundを設立し、禁煙イベントを催促するために地域のイベントや、広告等に使用することが出来ます。

これは、喫煙を抑止し、2025年までに禁煙時代を実現し、子供の健康の為の積極的な役割果たす協議の目的の一部です。

 

ちなみに、英国では、多くの公共の場所は、遊び場、学校の門、ビーチ、町の広場など、すでに禁煙になっています。

 

http://www.thenorthernecho.co.uk/news/15619064.Council_creates_fund_to_encourage_creation_of_smokefree_zones/

 

記事は、

2017年10月26日 The Northern Echoの記事より引用させていただいております。


【イギリス】禁煙法施行10年――イギリスの喫煙率が過去最低に


【イギリス】禁煙法施行10年――イギリスの喫煙率が過去最低に

 

過日、受動喫煙を防止するための法整備が先送りされることが決定した。厚労省は飲食店や公共の建物内は原則禁煙とする案を提出したが、これに対し「厳しすぎる」と自民党内から反対の声が多く上がったようだ。

 

その“厳しすぎる”禁煙法を、英国は2007年に施行している。レストラン、カフェはもちろん、飲酒することが前提のパブやバーに至るまで、公共の建物内は原則禁煙。公共交通機関、教育関連施設、官公庁ももちろん全面禁煙だ。屋根の下で大っぴらに煙草を吸うことができる場所は、自宅と自家用車内くらいしかない。

 

この法律が発効してから10年目の今年、英国内の喫煙率が過去最低を記録したと慈善団体「キャンサー・リサーチ」が発表した。2007年に英国内にいた喫煙者は1,020万人だったが、2016年の調査で過去最低の830万人にまで減少したという。

 

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170703-00010011-jisin-ent

 

2017年7月3日(女性自身) - Yahoo!ニュースの記事より引用させていただいております。


【イギリス】イギリスがタバコ規制を強化、簡素でくすんだ緑色の包装に統一 業界、愛煙家は反発


【イギリス】イギリスがタバコ規制を強化、簡素でくすんだ緑色の包装に統一 業界、愛煙家は反発

 

イギリスでタバコのパッケージのデザインと表記を統一する新規制が20日から完全実施となった。より魅力のないパッケージにすることで、若い世代の喫煙防止につながることが期待されている。

 

フィナンシャル・タイムズ紙(FT)によれば、イギリス政府はタバコの広告禁止、タバコ会社によるイベントの協賛禁止、パブでの喫煙禁止などの反タバコ規制を採用してきており、今回のパッケージ統一もその一環だという。

新規制は、EUの「タバコ規制指令」に準じて昨年より実施されているが、古い在庫を売り切る猶予期間が終了し、20日から完全実施となった。

 

http://newsphere.jp/national/20170524-1/

 

記事は

2017年5月24日のPhamaTimesの記事より引用させていただいております。


【イギリス】子供が乗っているときは車内禁煙、イギリスで法案可決「大人は自由に吸えるが、子供は声をあげられない」


【イギリス】子供が乗っているときは車内禁煙、イギリスで法案可決「大人は自由に吸えるが、子供は声をあげられない」

 

イギリス議会下院は2月10日、自動車に子供を乗せているときは、タバコを吸うことが禁じられる法案を可決した。イングランドで18歳以下の子供が同乗している場合が対象で、違反者には50ポンド(約9100円)の罰金が課せられる。BBCなどが報じた。

 

政府による法制化は10月1日の見込み。イングランドは既に制度を導入済みのウェールズに習った形となる。スコットランドでも同様の法律を検討している。

 

法案を推進した労働党のルチアナ・バーガー氏はブログメディア「ポリティクス・ホーム」に寄稿した記事の中で「大人は好きな時に吸える。ほとんどの子供は選択権を持たず、また、声もあげられない。これは児童保護の問題であり、大人の選択の自由の問題ではない」と、述べていた。

 

 

http://www.huffingtonpost.jp/2015/02/11/england-ban-smoking-in-cars_n_6666652.html

 

記事は

2015年2月12日HuffPostJapan記事より引用させていただいております。


【イギリス】喫煙による心臓発作リスク、男性と女性ではどちらが高い?


【イギリス】喫煙による心臓発作リスク、男性と女性ではどちらが高い?

 

海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「喫煙と心疾患の関係性」にまつわる記事が掲載された。最新の研究発表によると、喫煙している男女では心臓発作のリスクにかなりの差があるとのこと。

 

報告された研究は、急性のST上昇型心筋梗塞治療中の約3,000人の患者を対象に、シェフィールド大学とサウスヨークシャー胸腔鏡センターによって実施された。調査結果を詳しく調べたところ、50歳未満の喫煙女性は非喫煙女性に比べて心臓発作に罹患するリスクが約13倍高いということが判明。

 

一方、50歳未満の喫煙男性が非喫煙男性に比べて心臓発作になるリスクは8.5倍となっており、女性喫煙者よりも有意に低かった。従来の研究では「喫煙が心臓発作のリスクを高める」と言われていたが、今回の研究は喫煙と心臓発作の関係に男女差があることを示唆している。

 

http://news.mynavi.jp/news/2017/04/10/055/

 

記事は

2017年4月10日マイナビニュース の記事より引用させていただいております。


【イギリス】禁煙した人数が過去最高を記録


【イギリス】禁煙した人数が過去最高を記録 

 

英国国家統計局の最新データによると、以前に比べたくさんの人が禁煙していることがわかった。

 

 

2015年、全英の喫煙者のうち、56.7%の人が禁煙した。

これは、1974年嫌い過去最高の禁煙率となった。

 

英国癌研究センターのジョージ・バッターワーズさんは、素晴らしい進歩であると喜んだが、一方で禁煙をしようとしている人への予算削減などで、今後きちんと禁煙する環境がなくなってしまうのではないかと懸念している。

  

2014年に80,000人近いひとが喫煙が原因で亡くなっており、これは予防できると考えている。経済面では、オクスフォード大学の研究によると、2005 年〜2006年のイギリスの国民保険サービスの コストは5.2億ポンドにものぼっている。

 

http://www.pharmatimes.com/news/number_of_people_quitting_smoking_hits_record_high_1188489

 

記事は

2017年3月9日のPhamaTimesの記事より引用させていただいております。

 


カテゴリーごとの記事はこちらから > | WHOアメリカEUイギリス中国韓国オーストラリアその他